AAAゲームが遊べる
史上最高スペック携帯ゲーム機

Windows 10搭載モンスタークラス モバイルゲーミングPC
※2021年6月現在
Windows10
  • i7+Iris Xe

    第11世代インテル
    Core i7 プロセッサー
    第12世代Iris Xe(96EU)
    グラフィックス内蔵
  • 8.4インチ

    2560*1600
    IPS液晶 358ppi
  • SSD
    ストレージ容量

    最大2TB
  • エルゴノミクス
    デザイン

    人間工学に基づく
    持ちやすいデザイン
  • 専用
    キーボード※別売

    着脱可能な
    カバーキーボード
  • 専用
    ゲームコントローラー

    アルプス電子社製
    3Dジョイスティック内蔵
  • 16GB

    メインメモリー
    4267Mhz LPDDR4
  • Wi-Fi6
    & USB4.0

    インテル
    最新通信システム搭載
    最新USB4.0 Type-C × 2ポート搭載

ポータブルゲーミングPCとは?

プレイ画像

「ゲーミングPC」と呼ばれる最大の特徴は「グラフィックボード」と呼ばれる映像処理に特化したパーツを搭載していることです。 これまで主にデスクトップPCが多かったのですが、近年はラップトップパソコンのゲーミングPCのラインナップが増えてきました。

「ポータブルゲーミングPC」は最新のインテル第11世代のCPU内蔵型のグラフィック処理エンジンを使い、小型で薄型ながら、発熱を抑え、両手に持ってゲームができるサイズを実現いたしました。さらにXbox 準拠のコントローラーを一体化することで、ポータブルゲーム機のようにいつでもどこでもゲームを遊ぶことができます。

プレイ画像

どんなゲームが遊べるの?

現在のAAAゲームはほとんどがマルチプラットフォーム(Playstation/Xbox/Windows PC) でリリースされています。

例えば有名なバイオハザードビレッジなどもONE XPLAYERで遊ぶことができます。それ以外でもMMORPGのファイナルファンタジー14やドラゴンクエストX、ファンタジーオンライン2、またFPSマルチプレイで人気のApex Legendsなども遊ぶことができます。

プレイ画像2

ONEXPLAYERの特徴は?

ONEXPLAYERの最大の特徴はそのサイズでしょう。8.4型の大型モニターを搭載しているため、6.2型のNintedo Switchよりも二回り大きく、迫力のある画面で、ゲームを楽しむことができます。

デザインコンセプト

エルゴノミクスに基づいたデザインに、ブラック/オレンジのツートンカラーを採用。 触り心地が良く、グリップ感のあるケース素材を採用しているので、長時間使用しても疲れないデザイン。

device
windows10

インテル® 第11世代 Tiger Lake-Uプロセッサー

最新のIRIS Xe グラフィックスは96個のユニットを搭載し、 前世代のグラフィックスの5倍の計算能力を実現することにより mx350グラフィックスに対等する性能を発揮します。

小型ゲーム機でも高画質で大容量のsteam, Epic, MS Storeの PCゲームが快適に遊べます。

CPU, GPUプロセッサーの性能比較

ゲームプレイに没入できる
スクリーンサイズ・解像度

1280*800スクリーンにネイティブで対応する解像度です。

大きい画面と最適な解像度でゲームのストーリーに没入できます。

8.4インチ, FHD IPSディスプレイ, 解像度2560 * 1600, 10点マルチタッチ対応, 100%sRGB対応, 358PPI
OneXPlayer デバイス
OneXPlayer デバイス 裏側
ダブルヒートパイプ、
デュアル放熱ファン

本体の中にはダブルの銅管パイプとダブル冷却ファンが搭載され、 背面の吸気口とテールの排出口によるエアフローにより、GPUを 常に70℃以下にし、パフォーマンスをキープいたします。

主要ゲームのFPSスコア

※1280*800で測定
主要ゲームのFPSスコア一覧

エルゴノミクスデザイン

楽で快適な手持ち感。肌に優しい素材は、滑りにくく、酸化と変色の防止効果もあります。

何百回ものトリガーボタンの操作にも耐えることができます。

操作テスト

Aクリック感の高いLB/RBボタン

素早い操作にも適切な、軽いタッチで高反発のボタンです。

この自由な操作感でユーザーの心を掴みます。

B伝統的な十字キー

くぼんだ十字キーは8方向に的確なタッチにも360度 反応します。特にFPSゲームで重宝します。

Cアナログトリガーボタン(L2/R2)

レースゲームなど細かい入力が必要なゲームの操作に 適しており、コンシューマゲームでは欠かせないキーにも しっかり対応しています。

DXYABボタン

Xbox標準設計に基づいており、違和感なくPCゲームを スタートできます。

EALPS製アナログスティック

柔らかい操作感、明確なタッチ感、高精度、長寿命。 またL3/R3ボタンとして押下にも対応しています。

①戻る ②デスクトップ ③スタート ④キーボード呼び出し ⑤ターボ切替
ファンクションキー

ファンクションキー

【ホーム】 デスクトップとゲームに戻る
【キーボード】 キーボード起動
【ターボ】 TDP切り替え20/28W
【ホーム】+【キーボード】 タスクマネージャー起動
【ホーム】+【エコ】 スクリーンショット
【ミュート】 ミュート切替
【ボリューム】 音量調整

しっかりとしたホールド感

  • Xboxコントローラーのような操作感覚。
  • グリップ感が強く長時間プレイしても疲れない。
ホールド感のあるグリップ

リアルなゲーム体験を実現するアナログトリガー
+反応のよいLB/RBボタン

滑らかなトリガーボタンは車のアクセル/ブレーキの操作など細かい操作をするうえで 強みになります。

トリガー

USB 4.0×2 (Thunderbolt互換)

上側面には2つUSB 4.0が設置されています。

最高速インターフェースはeGPUボックスにも対応、
またType-A 3.0もあるためマウスや USBなど従来の周辺機器もすぐに使用できます。

そのほかmicro SDカードや、3.5mmの音声入出力ジャックもついています。

また多数決の結果、マグネットキーボードが底面に設置されたことによりキーボードを使用するゲームや
簡単なオフィスソフトウェアを使用することができます。

OneXPlayerのポート

外付けGPUボックスにも対応

デュアル最高速のUSB4.0は40Gbpsの伝達速度に対応しています。

大型4Kディスプレイに接続し迫力のある映像を楽しんだり、外付けのGPUボックスにつなげてより高いフレームレートで滑らかな映像を楽しんでいただけます。

最高速USB 4.0×2
40Gbsの伝達速度
外付けGPUボックスにも対応